スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くメンタリティを知れ!


何とかして意中の企業に入りたい・・・その気持ちの
根底にあるのは何ですか?

有名企業の一員になりたいだけなのか、それとも
どうしてもやってみたい仕事があるのか?

就活の目的は「意中を現実にする」ことだとは思い
ますが、もう少し企業研究をしたら如何?

いやいや~働くとはどういうことなのかを
考えてみるべきでは?

内定をいただくのはゴールじゃないです~単なる
スタートラインなんですがね?

ま~そう言っても「入れないことには始まらない」と
思う気持ちも良く理解できます。


そこで~時間を見つけて「働くとは~会社とはどんな所」
について学んでみたら如何でしょうか?

「サラリーマンに人気のある本を読んでみる」

これが手軽なオススメであります。

そこには働く大人たちの求めている何かがあります。

「ななだ~こんなことで・・・」と思うか、凄いな~
って感じるかは別として社会人のメンタリティを学ぶ
にはいい勉強になります。

何を買って読んだらいいのか分からない~と言わずに
ベストセラーになった本を読んでみればいいんです。

そんな話題の本を読み~学生として時間があるのを利用
して語れるネタにしてみるのも手かも?

「学生の分際で~学問を学べばいいんだ・・・」な~んて
思う方は少ないと思います。

面接官だって親近感が湧いて来るはずですがね。


話しても分からない学生生活やサークル、研究室の話を
するよりサラリーマンにウケてる本について語る。

聞き手側からしたら一気に親近感が湧きますがね。

既に自分が働いている~ってメンタリティを如何に
養って行くのか~学びの一手であります。



読んでみればある共通項に気づくはず~★
スポンサーサイト

論理的な話し方

論理的な話が出来ない人が増えている。

感情に任せての話は得意でも、結局あなたは何が
言いたのですかが分からない。

まずは事実関係を明確にしてほしい。

時系列もバラバラ?

・・・それで~いったい何が言いたいのですか?


正直話をしていて疲れます。

「頑張っているね!」って褒めてもらいたいのでしょうか?


きっと学生時代も同様に、フラフラ流されて生きて来たのか?

論理的な話し方がどうしても出来ないのなら、まずは
物事を箇条書きする訓練を積んでください。

次第に慣れて来ます~会議や打ち合わせの場などでの
議事録をとる訓練も非常に有効ですがね。

本当に~いったい何を言いたのか・・・ワカラナイ~聞き手
は凄く苦労します。

いい印象は持ちません。

疲れるな~って感じるだけです。


いいですか~理屈っぽいと論理的は根本的に違い
ますから~ブレナイ議論が出来るように・・・。

経験を積めば~誰でもある一定の能力は身に付く
だけに~意識的に身に付けてくださいね。



面接官は短い時間で判断したいんです~是非論理的話し方を~★

人を見る目


「人を見る目」とは大変大切な生きる術ですが、いったい
どうやったら養うことが出来るのか?

より多くの色んな方々と会って話をしてみることが第一
なんでしょうが、それだけではダメです。

常に自分の考え方や思想を持つ~ブレない自分軸を
持って臨まないと単に流されてしまうだけです。

当然その場では頷いて従わなければならないことも多く
あるでしょうが、それでも「自分なら?」って思いは持ち
続けることが大切。

要は自分の全てを流されてしまわないようにすること。

確かにブレない自分軸を持っていても、それが正とは限り
ませんから色んな話を聞いて修正していくことも大事です。

固定観念は時と場合によりますが、変にこだわれば周囲との
不協和音を生み出しますし、持たねば流されるだけ・・・。

バランス感覚を持つことは難しいのですが、常に謙虚に自分を
見つめる習慣を持つべし。

どう見られているかは気になる所ですが、必要以上に気にすれば
間違いなく自己崩壊を招きます。

適度な遊び心を持ち・・・って言うのは簡単でも実践となり
ますと難しいですよね。


まずは色んな体験を積極的に行ってみてください。

若さとは勢いで進んで行けるパワーですから・・・。



やはり苦労人には敵わないですよ~★

何事も量稽古!


量稽古するなんて面倒くさい~学びは効率重視?

そんなこと言ってますとどこかでつまづきます。

確かに勉強において効率は重要ですが~それは時間を
有効に使うためにです。

効率よく人の倍のスピードで学べたとして、残りの
時間を何に使うかが問題。

自分はドンくさいのでダメです・・・。

そんな方は長時間~量稽古で行ったらいいんです。

例えば面接ですが、実戦モードは難しいとしても
働く大人とのマジな会話通算時間が長い方が有利です。

しかも色んな大人と話す機会があったなら~面接での緊張度
は減り割とスムーズに話せる・・・はずです。

営業マンを長年やって来まして思うこと~面接=面談とは
言えませんが、様々な方との会話量は大きな自信につながります。

話をしていて「とんでもない輩だな~」と思っても
何とか合わせることが出来ますし~自分なりのペースで
話すことも可能です。

反面教師も山ほどおられますし~要は人と会って話を
するのはプロですから、それほど緊張もしません。

でもね~じっくり観察します~話の内容もタイミングも
考えます・・・そうでなくては商談はまとまりませんから・・・。

就活での面接は~自分自身のことですから大変な面もあり
ますが、責任は自分で取れますから~ある意味気楽です。

商談・・・ミスれば社運が~なんてプレッシャーを背負って
面談は結構シビレますね。

質も大切ですが、まずは量でしょう~何度も何度も色んな
交渉の場面を体験し・・・そりゃ~スキルUPします。

大人たちとの会話時間を多く持ったら如何でしょうかね?

変な就活ノウハウ本を読むより遥かに身になります。

量稽古積んで来たライバルには簡単には勝てませんよ!


凡人だと思う方程、泥臭い「何でも量稽古」を実践したら如何?



知らぬ間にエキスパートになれますよ~★


※ブログランキングの応援ヨロシクお願いします。

働き出してから人生を探してみたら?


ブランドや世間体に気配りして志望を決めていませんか?

そりゃ~大手有名会社に就職出来れば鼻だかかも?

でも~それっていったい自分にとってどんな意味があるのか?

働くのはあくまで自分自身であり、しかも30年以上お付き合い
しようと考えたら・・・本当にその志望先でOKですか?

給料さえ良ければ~別に上を目指していないし、それより安定
を求めます~ならいいのかも知れませんが・・・。

余程趣味やプライベートで何かあれば別ですが、何とももったい
ない話であります。

仕事を通じて学べることって凄く大きく多いのですが、全ては
自分の考え方であり生き方ですがね。


人生を良く考えた上での企業選びをすべきですよね。

見た目や世間体で選んだ瞬間から~もうぶら下がりを目指す?

何かもったいないお話であります。


発展途上の中小企業に乗り込んで~自分の歴史を築いて欲しいと
思うのですがね~そんなの面倒で嫌でしょうかね?

中小は人手不足・・・いや~間違いなく人材不足です。

募集しても来ない~来てもまともではない?

優秀であれば~末は役員になって思い通りに会社を運営
出来る可能性が高いのですがね・・・。

それ以前の労働条件でもう嫌なんでしょうか?


バリバリ働ける所で自分探しをしてもいいのでは
ないかと思います。

だから~迷ったら「中小」を選んだ・・・と思いますがね。

見栄で行くんじゃない~自己実現の為に行くのです。

企業選びの視点はよ~く考えた上で行うべし。



自分の人生なんですから、大いに悩んで選んでみるべきです~★

大好きに打ち込め!


「自分には特出した才能も、自慢できることもない?」

な~んて寂しいことを言ってはいけません。

若いんですから、人生なんてこれからどうにでもなります。

適当に人並みに~なんて考えていたら間違いなく「その他一同」
にて終わってしまいます。

気付いた時には体も頭も全く動かない・・・ガチガチに凝り固
まってしまい使い物にならなかった?

今はそう思わないでしょうが~思い通りになるのが人生。

「どうせ自分なんて平凡で何の才能もない!」

そう思っていればその通りになります。

ようやく社会にデビューしようとしている時なんですから
思い切り「夢はデッカク!」でいいんです。

但し~有言実行でありたいものです。

仕事が出来そうな人より「大好きに打ち込んで来た若者」を
企業は望んでいるのです。

小さく完成してしまった人より、可能性を感じる粗削りな若者。


語れる「大好き」を持ってください。

所詮アマチュアレベル~って勝手に卑下しないこと。


大好きもなく~当然打ち込んで来た何物を持たない若者に
誰が可能性を感じるでしょうか?

夏休みは大いなるチャンスです。



自分なりに「大好き」に打ち込むべし~★

履歴のどこを見るか?


履歴で気になるポイントとは?

まず始めはどこの土地柄出身なのかと~学校名、学部、学科。

お次に資格~何を持っているかな?

そして~何をやって来たのか自己PR。

体育会系であれば10年間〇〇を続けて来ました?

継続性や根性~体力・耐力を書類上で見ます。

・・・となると、やはり継続して何かをやってきたって
事実はポイントになります。

如何に格好いい言葉が並んでも、この子の実績って何?

本人を書類上にて選考するには、事実が欲しい。

モットーや信条、性格などは幾らでも作れます。


でもね~〇〇を継続して来たった事実は、下手に書けば
ウソになります。

資格も同じであります。

テンコ盛りに書くより「一点突破」で、しかも圧倒的なインパクト
を与えられるような事実が欲しいですね。


書けるような体験を~大いに積んでください。

「学生時代に500冊の本を読みました!」位でも少しは
インパクトがありますので~ファイトですね!

今からでも出来ること~さて何でしょうか?

自己自慢でいいんですから~圧倒的なインパクトを与え
られるといいですよね。

何もない・・・では誰も振り向いてはくれませんから・・・。



気になる履歴ポイントって共通なんですがね~★

採用担当者だって人の子


どうして優秀な学生が集まって来ないのか?

当然~田舎の中小企業であれば人気度は低い。

しかも、何をしている会社なのかが不明であれば
誰が横暴してくるのでしょうか?


実はそれって企業の責任なのか~採用担当者の
問題なのか・・・?

正直採用担当窓口によって大きく変わります。

企業説明会にしろ応募して来た学生さんの応対
にしろ・・・。

はっきり言えばその方のキャラと言いますか、考え方
や好みによって大きく変わるものです。

どうして現場の要求通りの人材が集まらないのか?

それって誰の責任なのか~別に魔女狩りをするつも
りはなくても死活問題ですね。

人数さえ集まればいいってものではありません。

如何に自社の味を表現するか?

魅力的な企業としてPR出来るのか?

責任は重いんですが・・・結局事態は変わらない。


欲しい人材の明確化はなされているのか?

どんな形と言葉で学生に説明をしているのか?

変なフィルターをかけてはいないでしょうね?


企業内の悩みであるんですが・・・。

中小の場合は小さく完成された人間より、粗削りで
未完成であっても「ガッツ」のある人が欲しいんです。

などと叫んでも~来てくれなければ説明のしようもない。


窓口でのフィルターは大丈夫なのか?



やはり大手有名企業には勝てないのが中小なのか?~★

実績無を如何にPRするか?


新卒者の就活とは、結局「実戦経験なし?」を如何に
大丈夫なのかをPRするかの勝負です。

色んな自己PRをするも~実戦での成績が残っていない
のですから、要は可能性をどう認めてもらえるか?

学生時代は素晴らしい経歴を持っていても、それが社会
生活の中で本当に役立つのか否かは不明です。

謙虚に辛抱強く学べる姿勢。

コツコツと自分らしさを発揮できるのか?

将来はどうなのか・・・?

ま~色んな面でのPRを如何に前面に出すか?


認めていただくにはそれなりのコツが必要。

今ならひたすら耐えることが出来るをアピールすべし。

そして少しずつ役立つ人になる。

ドンくさくてもいいんです~潰れない自分を前面に出せた
ならそれでいいんです。


変な気負いは必要ありません。

本当の自分を・・・まずは磨いてください。

何かに打ち込む~そのひたむきな姿をPR出来たら・・・。


仕事=人生ではありませんが、とにかく自分を常に
磨く習慣化を忘れずに。


可能性を感じさせる努力も忘れずに~★

強くなれ!


育ちの問題が一番かも知れませんが、とにかく最近の
若い方々は、体力&耐力がない。

根性~って言えば嫌われるかも知れませんが、社会人に
なって一番悩むのが「プロの集団生活とは?」です。

学生時代の部活動の厳しさとはチョット違いますが
上下関係がバリバリにあります。

しかも~結果がシビアに問われます。

皆が同じ方向を向いて「勝とう!」とはなっていません。


そんなヘンテコな集団生活~でも皆プロです。

プロ根性を最初から持つのは難しい。

だからこそ最初は学ぶための「体力&耐力」が必要なんです。

考え方の問題も大きく絡みますが、まずは如何に基礎力を
身に着けるか?

そして、慣れるか・・・。


就活はお見合いです~相手に認めていただくには・・・。


シンプルに考えたら如何?~★

自分軸を強化せよ!


ブレない自分軸を持っていますか?

ガンコでかたくなで~譲れない線・・・。

誰から何と言われようとも~自分の信念。

貫くべきです~貫くことによって凄い反発がある
かも知れませんが、それでも曲げない何か?

間違っているとか世間常識から外れていようが
何だろうと今の自分が信じる道~持つべし。

別にそのことを主張して誰かに理解してもらおう~
とか納得していただかなくてもいいんです。


自分の信じる道、生き方~絶対に持つべきです。

嫌われるかも知れませんが、若い衆のそんなかたくな
決意を認めてくれないような企業には入らない方が
無難だと思います。

「世の中はそんなに甘くはないんだ!」

な~んてもっともらしい説教をするような大人の
言うことなど聞くべからずです。

生涯チャレンジャーであるべきです。

既製の事実に流され優等生を演じていたのでは
これからの世の中では生き残れません。

だから~自分を・・・非常識であっても信じる道を
突き詰めて行くべきです。

ただし~人の道からは外れないように注意。

未来を切り開くのは若い方々のそんなパワーなんです。



ま~嫌われる可能性も大ですが、最後は自分の信念を信じろ~★

思い詰めるな!


思い通りに行かないのが人生。

されど自分の思い描くようになってしまうのも人生。

要は自分をどう発揮して生きて行くかが勝負。

人生に勝ち負けなんてないんです。

自分で納得できるか否か~楽しく生き抜くべし。

会社は守ってくれませんので、自分で考えてちゃんと
生き抜いていくべし。

どんな境遇にあっても前を向いて歩いて行ける人に
なって欲しいものです。

きっと就活の結果が良かったのか否か・・・それは
あと10年もすれば明確化されます。



生き方を考えて~それが先決~★

自己ブランドを確立せよ!


自分のキャラって明確になっていますか?

他人が自分をどう見て感じているのか知っていますか?

自分の得意技は何ですか?

ま~この辺りまでは何とか簡単に?~回答できても
では「自己ブランドは?」と聞かれたら?

オイオイ~ブランドって何だろう?

そう思うのが普通かも知れませんが、キャラを
強調しているようではダメです。

今やブランドの域まで高めねば~人には伝わりません。

だから~是非「自己ブランドは?」って問いかけを続けて
ください~そして育成すべきです。

しかも、自分でそう思っているだけでなく、周囲からも
ちゃんと認めていただけるようになりましょうね。


キャラを決めて得意技に磨きをかけ~そしてブランド化!

まず最初にその青写真を描くべし~無理や変な背伸びはダメ。

あくまで等身大プラスαでいいんです。

生涯の武器になりますから~是非頑張って作ってください。

強力なサポート役になりますので・・・。


面接においてはPRすべきです~だって中々「自己ブランド」
を確立出来ている人って少ないですから!



まずは~目指すべきブランドは何?~★

どんな新人が欲しいか?


優秀な新人が欲しい~ってどの企業でも同じです。

即戦力であれば中途採用となるのですが、難しいのは
中途の場合~どの位以前の会社のクセがあるかが不明?

実力はあっても、やり方が・・・求めているものと
違えば、それは即不協和音となります。

結果だけ出せればいいんだ~んなんてありません。

やはりチーム、組織の一員としてのルールや風習は守って
いただきたいものです。


しかし~最近若くしてリタイヤされる方々が多すぎます。

色んな原因があるのでしょうが、やっぱり人間関係が一番?

営業なんて特にストレス溜まりますよね。

板挟みや三角関係~良かれと思って手を打っても叱られたり・・・。

もういい加減にして欲しい~ってつい叫びたくなるばかり?


物凄く人間修行になるのですが、一定の経験を積むまでは
確かに辛いですね。

どうやって育てて行くかは難しいのですが~せめて耐えることを
徹底して覚えていただきたい。

最初から花形で第一線にて活躍~なんてあり得ません。

苦しい下積み時代は・・・苦しければ苦しいほど基礎力がUPします。

ま~何時まで下積みなのか・・・は難しい所ですが、少なくても
5年間はガマンが大事。

どんなに優秀で頭脳明晰であっても、体験には敵わない
部分があるのです~ベテランはそこが強みです。

理屈じゃない・・・感覚でもない~単に経験から学んだものを
どう生かして行くのか~その為にはある期間が必要なんです。


などと言っても実は理解することは難しい。

私も20代の頃は毎日「なんだバカヤロウ!」って常に叫んで
いましたから(笑)

市民権を得るため~お客さんや社内で認めてもらうために
それなりの苦労をしました~プライベートなんてありませんでした。

確かに振り返ってみてもその時の貴重な体験が今役立って
いるのですが、果たして良かったか否かは~今でも分かりません。

だから~出来るだけ無理しないように新人達を鍛えてあげたい
と思っているのですが、どうやら目線が違うようですね。

更にもう一段か二段下に降りて行かねばダメな模様であります。


厳しくても「人を真剣に育ててくれる会社!」そんな企業を
選択したいですよね。

でも~それは・・・調べても中々分かりません。

人によって違いますし~要は出会い力~運命なのかも?


出来るだけ内部情報を得ながら就活したいですね。

・・・と言いつつも、もしかしたら我が職場は今や外から
客観的に見たら「ブラック」かも知れない?

若い衆の定着率がヨロシクありません~皆何らかのトラブル?
を抱えております・・・本当に難しいですね。


経営者の考えや社風~業界常識など、やはり調べる必要あり
って当然でしょうが?


耐えることが出来る~まずはそこがスタートラインかも?



難しい選択ながら、自分の五感を信じて行くしかないですかね~★

面接を苦にするな!


いったい何を聞かれるのだろうか?

困ったな・・・面接は苦手だ?

確かに就活における「面接」は厳しいですね。

だってミスが許されない~パーフェクトな回答を
せねばならない~基本的にそこが間違っています。

面接において完璧な答えなどありません。

自分なりになんと答えられるか?

自分とミスマッチな返答より等身大が一番。

第一どんな内容を言うかなど聞いてはいません。

中身よりその場の雰囲気や流れの中で、如何に自分を
発揮できるかが勝負です。

しかも無理は禁物なんですから、らしさを如何に発揮する?


やはりより多くの場数を踏んで欲しいものです。

などと言っても簡単に出来ることではありませんがね~
営業マンの目から見れば常にお客さんと面接が仕事。

臨機応変な対応なんて当たり前なんですがね・・・。


身近に営業マンがいれば聞いてみたらいいですよ。

初対面の方との話し方のコツ。

きっと皆違う話をするかも知れませんが~そこがミソ。


自分の話し方=生き方ですから・・・。



面接が「ワクワク・ドキドキ」を目指してください~★

会社選び


世の中に「いい会社」なんてありません。

自分に合っているか否か?

この先長く働かねばならないのですから、規模やネームバリュー
で選ぶより、自分のライフプランを先に考えるべきです。

これからの世の中は激動します。

昨日まで「素晴らしい」って言われていた企業が、明日に
なったら「話にならない!」って可能性だってあるんです。

自分の人生設計を先にして、それじゃどこでどうやって
働くのが一番かを考えて選んだら如何か?

給料も大切な指標の一つでありますが、何の為に社会に出て
働くのかを一度良く考えてみるべきです。


決して世間体や見栄で企業選びはしない方が宜しいかと
思うのですが・・・。

特に何の希望も目標もないって方は、まずは勤務地やら職種
くらいは決めまずは働き出してみること。

働きながら先行きを考えてもいいんです。

ま~どうしても入りたい会社があるなら「浪人」も・・・?

私は絶対にオススメしませんがね。

ステップUPの人生を目指してもいいと思いますので!



第一志望に内定いただき~三年持たずにリタイヤだけは避けるべし~★

耐えることを学べ!


「チャンスさえあればな?」

環境が良くない~自分には合っていない仕事だから
実力が発揮出来ない?

ならば何が得意なんですか?

早速やらせてみる。

結果・・・ダメ?

「どうして得意なことなのに結果が出ないの?」

「周囲の協力度が低い~イメージと違うんだよね?


結局ダメなんです。

環境や周囲の協力が云々なんて言ってる内はダメです。

如何なる状況下にあっても最高のパフォーマンスを発揮する。

その訓練を積まないとダメです。


もっと良く考えて行動すべきです~チャンスなんて自分で
掴めばいいし与えられた状況下で最高のパフォーマンス!

訓練していないから急には出来ませんがね。

その上チャンスなんて自分で動いて切り拓いて掴み取るもの。

与えてくれるのを待つ~なんてナンセンスです。


耐えている間に周囲を良く見て~自分はどうsることがベスト
なのかを常に考えていなくちゃダメなんです。



自分を常に最高のパフォーマンスで表現する術を学べ~★
プロフィール

cheedon

Author:cheedon
営業マン目線で現在の就職活動にメスを入れて行きます。
内定は単なる通過点です~就職担当者は、配属後は各部署にヨロシクとなります。
こんな新人が欲しいんだ!~叫んでも就活生の皆様には届きません。ここはひとつ~私のウンチクに暫しお付き合いを願います。

最新記事
ツイッター
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問者数
参加ブログランキング
~PR~
メルマガ&HP/ブログ
cheedonのメッセージ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。